11月26日 11時30分 – 死だ鯨の体の中からプラスチックのごみが6kg見つかる

死しんだ鯨くじらの体からだの中なかからプラスチックのごみが6kg見みつかる [11月26日 11時30分] ニュースを聞きく漢字かんじの読よみ方かたを消けす 環境かんきょうを大切たいせつにする活動かつどうをしているNGOの「WWFインドネシア」によると、今月こんげつインドネシアのスラウェシ島とうの近ちかくの海岸かいがんで、鯨くじらが死しんでいました。体からだの長ながさは9.5mぐらいです。 研究けんきゅう者しゃたちが調しらべると、この鯨くじらの体からだの中なかからプラスチックのごみが全部ぜんぶで6kg見みつかりました。プラスチックのカップが115個こ、袋ふくろが25枚まい入はいっていました。プラスチックのひもやサンダルもありました。 鯨くじらが死しんだ原因げんいんはわかっていませんが、WWFインドネシアは「プラスチックのごみで海うみがひどく汚よごれて、海うみの動物どうぶつも危険きけんになっています」と話はなしています。そして、プラスチックの製品せいひんをすぐに減へらさなければならないと言いっています。 世界せかいのいろいろな所ところで、鯨くじらやイルカ、亀かめなどの体からだの中なかからたくさんのプラスチックのごみが見みつかっています。